文化財

「国宝」「重要文化財」

銀造仏手(ぎんぞうぶつしゅ)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
銀造 奈良時代
臂から手首まで42.2cm

 現存する奈良時代の銀仏は、東大寺法華堂本尊の宝冠化仏(ほうかんけぶつ)と、この仏手だけです。臂(ひじ)の大きさから像高が2mはあったと思われます。『興福寺流記(るき)』の東金堂「銀造弥勒仏」に相当するものと思われます。蝋(ろう)型または土型から鋳造されたもので、銅造仏頭とともに昭和12年(1937)に東金堂本尊台座の中から発見されました。