文化財

「国宝」「重要文化財」

銀製鍍金唐草文脚杯(ぎんせいときんからくさもんきゃくはい)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
奈良時代
1口 径 9.1cm

 脚杯(きゃくはい)で、脚と杯の三分の一ほどが割れてなくなっています。鋳銀(ちゅうぎん)製で内外面に鍍金(ときん)が施され、外側面には花を咲かせ子葉を発しながら、大きく回転する唐草文と飛鳥、地には魚々子文(ななこもん)を打ちます。見事なまでの唐草文の構成と彫法から、唐からの請来品と考えられます。