文化財

「国宝」「重要文化財」

鎌倉時代の軒瓦(かまくらじだいののきがわら)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】
軒丸瓦直径17.8cm 軒平瓦横幅29cm

 治承4年(1180)被災後の再建に用いられた軒瓦は、天平復古調の蓮華文と唐草文、巴(ともえ)文、寺名入りがあります。前代に比べて力強いのは文様だけではなく、造瓦技法もしっかりするようになります。
 この1組の瓦は天平復古調で、12世紀末に再建がなった大湯屋(おおゆや)に用いられたものです。軒丸瓦は複弁8弁で、広い中房(ちゅうぼう)に1+8の蓮子、軒平瓦は中央に花頭文(かとうもん)、左右に3回反転する唐草文を飾ります。
 鎌倉時代の軒丸瓦は33種類以上、軒平瓦は82種類以上が知られます。