文化財

「国宝」「重要文化財」

迦旃延像(かせんえんぞう)


©飛鳥園

【制作時代】 奈良時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 国宝
乾漆造 彩色 奈良時代
像高 144.3cm

 釈迦にいつもつきそっていたので、釈迦のむつかしく、奥深い教えをよく知り、人々に分かりやすく解説したので、論議(ろんぎ)第一の人と称されました。
 他の弟子像は体の動きが少なく、静かにたたずんでいますが、この像は右肩を少し右に出します。わずかな体の動きで大きな動きを感じさせます。右を向き、口を開き、歯をのぞかせます。