文化財

「国宝」「重要文化財」

春日社寺曼荼羅図(仏像)(かすがしゃじまんだらず(ぶつぞう))


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 県指定文化財
絹地彩色 掛軸装 鎌倉時代
縦116.0cm 横42.5cm

 上三分の一に春日社景と御蓋山(みかさやま)、さらに天空中に各本地仏(ほんちぶつ)を円相中に坐像で描きます。そして下三分の二に興福寺の五重塔だけを建物で描き、他は各堂の主要安置仏をこまかく丁寧に描きます。春日社と興福寺をこの世の浄土とみて、曼荼羅(まんだら)に描いたもので、神と仏を同時に礼拝できるようにしています。