文化財

「国宝」「重要文化財」

延暦寺智行高僧伝(えんりゃくじちぎょうこうそうでん)


©飛鳥園

【制作時代】 鎌倉時代
【安置場所】 国宝館
【文化財】 重要文化財
袋綴装 鎌倉時代
縦29.8cm 横24.5cm 紙数33枚

 比叡山延暦寺の智行(智と行が一体になった)高僧6人の伝記集です。表紙に寛喜元年(1229)11月11日に書写した旨の墨書があります。6人は最澄(さいちょう)、円仁(えんにん)、玄鑒(げんかん)、慈恵(じけい)、陽勝(ようしょう)、浄蔵(じょうぞう)です。このうち『慈恵大師伝』は戸部大納言(民部卿兼大納言藤原斉信)によって、長元4年(1031)5月19日に記されたことが内題下に書かれ、著された年代が明らかになることは貴重です。