2012年1月11日に感謝デー、会員証提示で拝観無料に!

来年の2012年1月11日(水)を「阿修羅ファンクラブ感謝デー」にします。2010年3月の国宝館リニューアル後に新たに募集した阿修羅ファンクラブの会員の方は、受付で会員証をご提示いただくと、この日は国宝館の拝観料が無料になります。

阿修羅像をはじめとする八部衆像は仏法を守護するインド神話の神で、国宝館内で向かい合って安置されている十大弟子像は釈迦の高弟です。八部衆像、十大弟子像ともに光明皇后(701〜760)が、天平5年1月11日に亡くなった母の橘三千代(たちばなのみちよ?〜733)の1周忌法要に間に合うように制作をしました。像を安置するために建立した西金堂(さいこんどう)は焼失したため、現在は境内に石碑が建っています。つまり、1月11日は阿修羅の“誕生日”でもあります。この記念すべき日にぜひ、国宝館にお越し下さい。

ファンクラブには、国宝館受付で会員証付きの拝観券(1千円)を購入すると入会できます。2年間有効で、次回から同館の拝観料が半額(300円)になりますので、お得ですよ。また今回のようなイベントも随時開催する予定なので、この機会にぜひお願いいたします。
                ☆☆☆☆☆
阿修羅ファンクラブのグッズは国宝館内の興福寺ショップと、通販サービス「朝日イベント・プラス」(http://shop.asahi.com/)で購入できます。阿修羅ギターのストラップや、阿修羅像が変形ギターを演奏しているデザインや筆で「LOVE IDOL」と書いたTシャツなど、いろいろとそろえていますので、こちらもぜひご覧下さいね!