興福寺について

興福寺の歴史

略史4

鎌倉復興造営


文書1

 治承罹災後の復興造営は、各国に割り当てて造営費を分担させられる造国制がとられ、公家(官営)、藤原氏、興福寺の3者によって復興させられることになった。

 復興事業は長い年月を費やしたが、源平合戦の影響で出費が遅延したこともあって、当初の計画が変更されたり、造像事業にも影響を及ぼしており、当時の造営事情の複雑さがうかがえる。

 こうした造営の最中である文治3年(1187)3月9日、東金堂衆が無断で仁和寺宮領の山田寺に押しかけ、講堂の金銅丈六薬師三尊像を運び出し、完成していた東金堂の本尊として奉安するという暴挙が行われた。事件は和解されたが、応永18年(1411)に東金堂が焼亡するまで本尊として祭祀された。このことからも、当時の藤原氏と興福寺の勢力を認識することができる。

 治承罹災後の復興造営は、いわゆる鎌倉復興造営と称され、仏像なども当代を代表する明円・院尊・成朝・康慶・運慶などの巧匠が活躍した。当時の遺品が今でも数多く伝存しており、興福寺が鎌倉時代仏教芸術の宝庫といわれるゆえんである。鎌倉時代は武家政治の確立と共に、公卿勢力が衰退の兆しを示してくる。しかし、なおその力量はあなどり難いものがあり、源頼朝は西国三十七ヶ国の地頭設置を控えている。

 興福寺も鎌倉復興造営が成り、奈良町の発展などに大きな影響を及ぼした。興福寺はその後、建治3年(1277)、嘉暦2年(1327)、文和5年(1356)、応永18年(1411)に罹災している。

室町時代〜江戸時代


像一覧

 戦国時代ともなると、松永久秀が多聞城を築き、奈良は遂に他国武将の支配を受けた。奈良は戦場にもなり、永禄10年(1567)10月には、久秀の打入りによる大仏殿炎上という事態も起こった。織田信長は足利義昭(元一乗院覚慶)を奉じて入洛し、やがて政権を樹立した。信長は大和国の検地を行い、寺領の削減を図った。

 豊臣秀吉の時代になると、再び厳しい検地を行ったが、文禄4年(1595)の検地で、春日社と興福寺の知行が2万1千余石と定められた。徳川政権下においてもこの知行が維持され、ようやく面目を保った。このように武家の治世に興福寺は衰退の兆しを示すが、これに拍車をかけるような大火に見舞われた。享保2年(1717)正月、講堂・僧房・中金堂・回廊・中門・南大門・西金堂・南円堂などが焼失した火災は、近世最大の災禍であった。再興は思うにまかせず、南円堂が寛保元年(1741)にようやく立柱し、中金堂が篤志家の寄進によって文政2年(1819)に仮堂的な姿で再建されたのみであった。

明治時代・神仏分離と廃仏毀釈

 幕末から明治維新時にかけての興福寺は神仏分離によって動揺した。すなわち、長年にわたる神仏混淆の信仰形態を拒絶され、これによって一乗院・大乗院をはじめ、他の院家も速やかに復飾して春日大社の新社司となり、ほかの諸坊も新神司として春日社への参勤となった。さらに明治3年(1870)の太政官布告によって境内地以外すべて上知ということになった。興福寺は所領を失い、最終的には堂塔の敷地のみが残されるという惨状となり、加えて宗名・寺号も名のれず、まさに廃寺同様の様相を呈した。神仏分離の施策は廃仏毀釈につながり、寺の破壊や撤去が押し進められた。興福寺では築地塀・堂宇・庫蔵等の解体撤去、諸坊の退転が相次いだが、この頃、五重塔が売却されるという噂も広まったが、これはあくまでも伝承の域を出ない。

 興福寺は明治8年(1875)から同15年まで、西大寺住職佐伯泓澄によって管理された。この間に興福寺の再興が嘆願され、明治14年に寺号の復号許可が出された。翌年には管理権が興福寺に返還され、その後、紆余曲折を経ながらも興福寺再興に向って動き出し、中金堂の返還や寺僧の増加、あるいは境内地返還による復旧等の将来を展望した計画も立てられた。この間、国の文化財保護政策も進み、明治30年から国宝指定が始まり、同33年から建造物や仏像などの修理が行われた。当時の興福寺の規模は往時と比較すれば隔世の感があるが、廃仏毀釈の混乱から一応の落ちつきをとり戻した。

 現在の興福寺は、境内地約2万5千坪を有し、昭和34年に竣工成った宝物収蔵庫(国宝館)の建設をはじめ、大湯屋・北円堂の解体修理、菩提院大御堂の改築、仮金堂建設、三重塔・南円堂(西国三十三所第九番札所)の修理を完了した。加えて経典・文書・絵画・仏像彫刻などの保存修理も精力的に行っており、さらに、仏教文化講座や機関誌による伝導等の宗教活動も活発に実施している。この暇なしともいえる諸事業は、享保の大火で焼亡した南大門・中門・回廊等の復興や、中金堂再興の足がかりになるものといえる。

 興福寺は、創草いらい波乱流動の歴史を経てきたが、幸いにも由緒ある建造物や仏像彫刻をはじめとする多数の文化財が伝存しており、そのどれもが興福寺の歴史を如実に物語る貴重な遺品である。