興福寺について

興福寺の歴史

略史2

興福寺の創建


天皇家・藤原氏・橘氏関係系図

 飛鳥藤原京からの遷都は寺々の移動でもあった。藤原氏の氏寺である厩坂寺も平城京に移された。興福寺の縁起には、和銅3年(あるいは和銅年中)に遷都され、不比等が春日の勝地にあらためて造営して興福寺と名付けられたと語られており、このことから厩坂寺の移建は、平城遷都計画と平行して考えられていたといえる。

 興福寺の創建が現在の地でいつ始められたかは明確ではない。和銅3年(710)は遷都の年であり、同時期に興福寺の伽藍(がらん)が完成したわけではない。不比等としても、遷都の様子を見定めて、初めて氏寺の移建に取りかかろうとしたとも考えられる。

 さらに、平城京の条坊整備が興福寺の寺地である左京三条七坊に及ぶのが少し遅れたこともあって、造営開始がやや遅れたと考えるのが穏当であろう。和銅7年(714)に興福寺が供養されたとする史料があるが、この頃に金堂がようやく完成に近い姿であったと推測することもできる。金堂には、釈迦丈六仏像と脇侍菩薩四(ニの十一面観音像、薬王・薬上両菩薩像)、四天王像などが安置されたと伝えられている。

 右大臣藤原不比等は養老4年(720)8月に薨去した。この年10月に「造興福寺仏殿司」が設置され、円堂(北円堂)が創建された。この仏殿には、元明太上天皇と元正天皇が不比等の慰霊のために発願され、長屋王に命じて建立されたという。こうした官司による私寺の造営は異例であり、このことからも不比等の偉大さが認識できる。円堂は不比等の1周忌に当る養老5年8月3日に荘厳が完了した。須弥壇には本尊弥勒仏・脇侍菩薩ニ・羅漢像ニ・四天王像が安置された。そして、橘三千代も夫不比等のために一具の弥勒浄土変像造らしめて金堂に安置した。

聖武天皇と光明皇后

 神亀元年(724)、聖武天皇が即位されて長屋王が右大臣から左大臣に昇格した。同3年、天皇は元正太上天皇の病平癒を祈念して東金堂を建立された。当堂には、丈六の薬師如来像を本尊として、脇侍菩薩像2が安置され、さらに、涅槃像・純銀弥勒仏像・金銅阿弥陀三尊像・弥勒三尊像・維摩(ゆいま)像・文殊像・観音像・虚空蔵像・梵天・帝釈天像・四天王像・金剛密迹(みっしゃ)・正了知(しょうりょうち)神像・羅羅(らごら)像・天女像などが安置され、堂背面には、新羅伝来と伝えられる釈迦三尊像が奉安されていたという。東金堂の須弥壇には、水波紋の瑠璃が敷き詰められていたと考えられ、創建当初の華麗な荘厳がうかがえる。

 藤原不比等亡きあと、長屋王が皇族勢力の雄として存在した。おそらく、天皇に次ぐ権勢を誇ったであろうが、神亀6年(729)2月、讒訴(ざんそ)によって自経させられた。この年8月に天平と改元され、光明子は従来の伝統を破って初の臣下出身の皇后となられた。

 天平2年(730)、光明皇后は東金堂の南隣りに五重塔の建立を発願され、その年の暮れに完成したと伝えられている。塔は1年足らずという驚異的な早さで建立されたが、安置仏の造立は少し遅れ、天平宝字年中にはすべて安置されたものと考えられる。塔の初層には東方薬師・南方釈迦・西方阿弥陀・北方弥勒の浄土変像など、多数の諸仏が安置された。かくて聖武天皇御夫妻の堂塔が建立され、藤原氏隆盛のシンボルの如くそびえ立った。

 当時の藤原氏は長屋王亡きあと、不比等の長子武知麻呂(むちまろ)(南家)が大納言に昇進し、天平元年の光明氏立后直後の9月には、次男の参議房前(ふささき)(北家)が中務卿となり、同3年には、三男宇合(うまかい)(式家)、四男麻呂(京家)も参議に列して、不比等亡きあと漸く中央の要職を占めてきた。この頃の興福寺造営は、こうした背景のもとに進捗したといえる。

 光明皇后の生母、橘三千代は天平5年(733)1月に逝去した。皇后は母君の菩提を弔うために、東金堂に対面する西方に西金堂を建立された。この造営は皇后宮職(こうごうぐうしき)が関与し、延べ5万5千人の人員と、2千貫文以上の費用を使い、20石9斗1升という大量の漆を使用して安置仏の造立等が行われ、母君の1周忌に合わせて完成した。西金堂には釈迦三尊像をはじめ、羅羅像・梵天・帝釈天像・四天王像や、今に遺る乾漆八部衆立像・十大弟子像などの諸像が安置された。

伽藍造営完成


阿修羅像

 西金堂の建立によって伽藍が徐々に整ってきたが、この頃に南大門・中門・回廊などの伽藍の中央部分も一部完成したか、あるいは造作にとりかかっていたと考えられる。その他、代表的な建物である講堂・食堂(じきどう)院・僧房などの建立年次は定かではないが、おそらく天平16年(744)までには完成したものと推定できる。さらに、西院が充実され、東院伽藍が造営された。

 東院は現興福寺本坊の東に隣接する位置にあったと推定されている。この伽藍は、天平宝字5年(761)に藤原仲麻呂(恵美押勝(えみのおしかつ))が亡き聖武天皇と光明皇后の慰霊のために発願した西桧皮葺堂をはじめ、天平宝字8年9月の仲麻呂の乱後、稱徳天皇の勅によって造られた百万塔(三重小塔)が分置されたという東瓦葺堂(小塔堂)と、藤原永手(ながて)(房前の長子)のために、夫人と子息の発願によって、宝亀2年(771)に建立された桧皮葺後堂(地蔵堂)があり、さらに僧房、小子房が附属していた。

 このように元明太上天皇・元正天皇・聖武天皇や光明皇后をはじめ、藤原氏が関わった興福寺の造営は奈良時代後期にほぼ終息したといえる。