興福寺について

興福寺の歴史

略史1

藤原鎌足と山階寺


大織冠画像(不比等・鎌足・貞慧)

 南都七大寺の1つとして隆盛した興福寺は、中臣鎌足(なかとみのかまたり(藤原鎌足))夫人の鏡大王(かがみのおおきみ)によって建てられた山背国山階陶原(やましろのくにやましなすえはら)の山階寺(やましなでら)を起源とし、その後は藤原氏の氏寺として星霜を重ねてきた。

 中臣鎌足は推古天皇22年(614)に大和国高市郡藤原第で出生した。父は中臣美気古(みけこ)、母は大伴(おおとも)夫人と伝えられている。中臣は祭祀を司ることを家職とし、鎌足はその任を継承する立場にあったらしい。
 しかし、その鎌足が皇極天皇4年(645)、中大兄皇子(なかのおおえのみこ(天智天皇))や蘇我倉山田石川麻呂らと共に蘇我本宗家を打倒し、軽皇子(孝徳天皇)を擁立して大化改新の原動力となったのである。中大兄皇子と鎌足の親密な関係は終生持続し、鎌足は内臣として種々の実務に携ったと考えられる。

 天智天皇8年(669)、鎌足が重病の時、夫人の鏡大王は夫の病平癒を祈って仏殿建立を発願した。当初は鎌足の許しを得られなかったが、ついには夫人の願いが叶えられたという。仏殿には、鎌足が蘇我氏打倒に際して発願し、その後に造立した釈迦三尊像と四天王像が安置されたと伝えられている。これが「山階寺」と称されて、興福寺の起源とされており、この寺名が鎌足を尊崇する意味において、興福寺の別称として使われてきた。

 鎌足は天智天皇8年10月16日にその一生を終えた。天皇はその前日に大職冠と大臣の位を授け、「藤原」の姓を与えられた。ここに藤原氏が成立したのである。

厩坂寺

 天智天皇崩御のあと、いわゆる「壬申の乱」が起こり、大海人皇子(おおあまのみこ)が勝利して、672年に天武朝が始まった。都は近江から飛鳥に戻り、鎌足ゆかりの山階寺も飛鳥の地に移った。

 その場所は大和国高市郡厩坂(うまやさか)であるとされ、この地名をとって「厩坂寺(うまやさかでら)」と称されたという。

藤原不比等


金堂鎮壇具

 藤原鎌足には貞慧(じょうえ(定慧))と不比等(ふひと)という子息があった。貞慧は学問を好む聡明な人物であったといわれ、出家してから入唐したが、帰国後惜しくも夭逝した。不比等は鎌足没年のころは、まだ11歳であった。彼は成長して持統朝に頭角をあらわし、文武朝では刑部(おさかべ)親王を助けて大宝律令(たいほうりつりょう)の撰定に主導的な役割を果した。

 不比等には、夫人の加茂朝臣比売(かものあそみひめ)との間に宮子という子女があった。彼は宮子を文武天皇の夫人とし、大宝元年(701)に首(おびと)皇子(聖武天皇)が誕生されている。さらに、不比等と継室の県犬養三千代(あがたいぬかいみちよ(県犬養橘宿禰三千代(あがたいぬかいのたちばなのすくねみちよ))との間には、首皇子と同年に安宿媛(あすかべひめ(光明子(こうみょうし)・光明皇后))が出生した。

 文武天皇は慶雲四年(707)に遷都の意を表わされ、和銅元年(708)、元明天皇は遷都の詔を発せられた。この年、大納言藤原不比等は右大臣に任命され、平城遷都は不比等の政権下で実施されることになった。不比等は50歳という老域に達していたが、政府の重鎮として最も充実した時期でもあった。