興福寺について

興福寺の伽藍

金堂の役目を終え、新たに講堂を担う

仮講堂(かりこうどう)

 中金堂は享保2年(1717)被災後は、幕府、朝廷、また藤原氏からの支援、援助もかなわず、加えて寺自身も財源を欠き、再建が叶いませんでした。約100年後の文政2年(1819)になって、ようやく奈良の一豪商と奈良町の人々の寄進によって、周囲1間を縮小した仮堂を建てることができました。本格的な建物を復元するには、資金が足りなかったので、とりあえず仮堂を建て、資金ができたあかつきに本格的な建物を復元する意図があったのでしょう。

 用いられた部材の多くが松材で、また瓦の焼きも甘く、年月を経るにうちに荒廃がすすみましたので、昭和50年(1975)に講堂跡に仮金堂が建てられました。この建物は不用になった薬師寺旧金堂(室町時代、正面9間(26.7m)、側面6間(15.6m)、寄棟(よせむね)造り、本瓦(ほんがわら)葺き)を移建したのもので、興福寺金堂としての役目を果たしました。文政期に建てられた仮堂は平成12年(2000)に解体し、現在、中金堂再建工事を進めているが、この建物が来年、平成30年(2018)に落慶を迎えるにあたって「仮金堂としての役目」が終わり、これより「講堂としての役目」を果たすべく、再興を進める予定です。「仮」講堂と称しているのはその準備という意味を包含しています。